白ひげの存在感 ワンピース第529話〝猛獣地獄〟

前回、ついに最後の七武海ジンベイが登場しました
白ひげVS海軍&七武海の戦いが止められれば
命もいらないというほど、何かの仁義を通そうとする
誇り高い男でした。

今回、そのわけが少しだけ明らかになりましたね
まず、ジンベイは「海賊嫌いの海賊」であること。
どうやら、新世界へ入る際、必ず通る魚人島が
大海賊時代が始まると同時に
多くの「人間」の海賊に荒らされたことが
海賊嫌いの理由のようです。

しかし、白ひげの一味だけは別だそうです。
特に、白ひげにジンベイは大きな恩を感じている様子
それは「魚人島」に平和をもたらしたのが白ひげだから。

この島はおれのナワバリにする!!!

たったその一言で誰も魚人島に手を出せなくなった。
つまり、白ひげがそれほどの存在だということ。
しかも、そうやって白ひげに守られている島は
魚人島だけではないようです。
そんな白ひげが死んでしまったら
海は再び荒れてしまう・・・。
だからこそ、ジンベイはこの戦いを死んでも止めたかったんですね。

白ひげの存在感はまさに世界の均衡を保っているんですね。
以前、四皇、七武海、海軍本部の三大勢力が
世界の均衡を守っているという話をガープがしていましたが
白ひげの存在が極めて重要であることが
今回のジンベイの話で伝わってきました。

そして、その重要性はクロコダイルの発言によって
さらに増したように感じました。

そうです。
あのクロコダイルがエースと同じフロアに幽閉されていたんです
白ひげを討ち取りたい
白ひげに死んでもらいたい
同じフロアにいるまさに猛獣のような海賊達が
今にも飛び出しそうな勢いで
白ひげの死を望んでいます
どうやらクロコダイルもその1人のようです。

ジンベイ・・・火拳・・・!!
よォく覚えておけ・・・!!
白ひげやロジャーに勝てなかっただけで
涙をのんだ「銀メダリスト」達は・・・
この海にゃァごまんといるんだぜ!!!
・・・クハハハハ!!!


つまり、白ひげの死は
白ひげの存在によって抑え付けられていた猛獣のような海賊達を
世に解き放つことに他ならないんですね。
そうなったら均衡の崩れた混沌とした世界になるんでしょうか?
それがドフラミンゴの言う「新時代」なんでしょうか?
(今回もジンベイ、白ひげ、クロコダイルの存在感がありすぎて
ルフィたち3人のことを書いている余裕がありませんでした
どうやら次回はレベル3のようです

この記事へのコメント

るふぃ
2009年01月27日 10:46
ベラミーの新時代ってそれなのかも知れないですね
自分的にベラミーか黒ひげがラスボス臭いと思っているのでどうなるか楽しみですね

にしてもクロコダイルの口癖みたいな台詞でましたね
「この海には」「ごまんといる」アラバスタでも聞いた常套句です
尾田さんはこういうの忘れずに言わせてくれるから良いw

それと前の話ですが少し遡って海軍のお偉いさんたちが白ひげとの戦争のため召集されてる回で
青雉、黄猿とコマ割りされてて一番左のコマが赤犬?っと思っていましたが
あれは海軍の中将ジョン・ジャイアントでした。
確かルフィに初めて懸賞金がかかった回(11巻)に海軍本部で海軍将校達の陣頭指揮やってた「絶対正義の名のもとに」を作中で初めて言った人です。
2009年01月27日 21:59
いやぁクロコダイルの登場は確かに場を引き締めてましたね!
顔がはっきりと見えないところなんか、クロコダイルが初登場した際の迫力というか、凄みみたいなのが思い起こされました!!

あの人は赤犬じゃないんですか!?
ジョン・ジャイアント?
初めて聞きました。
11巻を見たら確かにいましたね・・・。
普通、気付かないですって!
さすがるふぃさんです!ありがとうございます!

この記事へのトラックバック